清水校 ノリエガ エリック君 

清水校 ノリエガ エリック君(2年生)が記事に掲載!!

 

頑張っています!!  以下、記事参照 ↓

 

 

有望株、清水ユースのFWノリエガ・エリックがCBに挑戦!

横浜FMユース戦、センターバックとしてフル出場した清水ユースのノリエガ・エリック。(C)SAKANOWA

Jリーグ国際ユース大会で上々のパフォーマンス。「特長を生かせる」と本人も前向き。

 

 

[Jリーグインターナショナルユースカップ] 清水ユース 1-2 横浜FMユース/2018年12月23日/長野市営陸上競技場

 清水エスパルスユースでストライカーとして活躍してきたノリエガ・エリックが、「Jリーグインターナショナルユースカップ」でセンターバックとして2試合にフル出場し、上々のパフォーマンスを披露した。

 横浜F・マリノスユースとの5・6位決定戦だった。一瞬、清水がどちらに攻めているのか目を疑った。FW登録のノリエガが清水ユースの最終ラインに入っているのだ。

 ペルー出身、高校2年生(精華学園高等学校清水校)ながら182センチと身長も高くフィジカルも強いノリエガは、併せ持った強さと柔軟性を生かし、しっかり相手の攻撃を跳ね返しながら、苦しい態勢からも中盤や前線に正確なパスを供給していく。さらに相手の隙を突いて、精度の高いロングフィードも放ってみせた。

 この起用について、清水の平岡宏章監督は次のように説明した

「前(FW)もやりながら、後ろ(DF)もやっていきます。今回、川本梨誉もサイドバックにチャレンジさせました。どこが一番適しているのか、いろんなポジションをプレーさせていきます。2018シーズンのトップチームの最終ラインが良い例で、最終ラインの4人のうち3人が中盤出身の選手でした。先を見据え、彼らにとってどこが最適解なのか、クラブとも話し合いながらやっていきます」

 とはいえ、これまでFWとしてプレーを続けてきた本人は、DF起用をどのように受け止めているのか? 試合後に話を聞くと……ノリエガはむしろ充実感に満ち溢れていた。

「ボールを強くしっかり蹴れるところを生かせますし、パスから狭いスペースを打開できます。それに、味方が動き出したのに気づいて、フィードも狙えます。チームの戦術のなかで自分の良さを出しながら、これからDFとしても努力していきたいです」

 フィジカルの強さやキック力、それにスピードを生かし、最後方からビルドアップに加わり、攻撃の起点になれる。自身の特長を生かすコツをさっそく掴んでいた。

 Jリーグインターナショナルユース前のトレーニングマッチ約15分間プレーしたところ、すんなりとハマった。そこで、大会に入り、2試合でフル出場を果たしたという。ノリエガはFW、DF、どちらでもトライしたいと言う。

「とにかくプレーしたいです。もしも監督がFWで行くぞ、と言えばやりますし、後ろでも最善を尽くします」

 彼はさっそく前向きに取り組み、このポジションの醍醐味を吸収。横浜FMユース戦はU-17日本代表にも選ばれるブラウンノア賢信に2ゴールを決められ、1-2で敗れた。ただ、それもまた今後への財産、貴重な経験になったと言えた。

「とても気持ちよくプレーできました。CBでプレーする楽しみをまた掴めました。これまで途中出場や交代が多かったので、何より久しぶりにフル出場できたことで、充実感を得られました」

 長野で開催された国際大会、最後の試合は観衆103人と少なかったものの、熱いエスパルスサポーターの声援を受けて戦った。ノリエガのサッカー人生の分岐点になるかもしれない。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

精華学園高等学校 清水校

清水校 在校生連絡

こもり不登校・ひきこもり相談室

精華清水RC(陸上クラブ)

21世紀型寺子屋『小森塾』

selected entries

categories

archives

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

links

profile

書いた記事数:765 最後に更新した日:2018/12/26

search this site.

others

mobile

qrcode